2o17.5.29 アグロについて

今更ながら、アグロについて纏めておきます

 

ざっくりした感想としては、イマドキなクライミングジムにはイマイチで、岩の傾斜壁なら良という感じ

つま先以外がシャンク無いような感じなので、JET7代替えを期待したのだけど、だいぶ別物

適正サイズよりは大きめ(実寸25.5/US8h)ではあるので、参考程度ですが

以下各項目で私感をば

 

 

■つま先

 

とても良いです

強傾斜のインカットしたエッジで足を切らさないようなのは強いです

つま先先端部だけ硬く、それ以外は柔らかいので、指にぐっと力を入れた感じが伝わるような

ただし、ボテっとしているのでポッケには入らない

 

■スメア

 

シャンクがないような柔軟性なので良いかと思いきや。。。個人的にはダメ

ダウントゥ+ボテっとしたつま先のせいか、しっかり荷重できずに滑ります

ラバーはフリクション悪くない気がするものの、これがナウいクライミングには致命的

 

■ヒール

 

とても硬いヒールなので、エッジに掛けるのは強い

面に掛けると接地面が小さくて滑る

そして、やや深く感じるので、足首を反らせると浮きます

そのせいか横向きに荷重が掛かりすぎるとシューズがずれる感じが

まぁ不可はない感じだけども、個人的ヒール最強インスティンクトVSには完敗です

 

■トゥフック

 

ごっついラバーが貼ってあるので、めちゃ効きます

攻めてないから足も反らせますし

 

■サイズ感

 

トゥボックスが広いため、指が上に逃げます

掻き込むとつま先が余ってしまうため、しっかり詰めたサイズで買うべき(たぶん

 

 

荻パンで戦力外気味だったmi6チーファイが思いのほか良く、出番がなくなりつつあるアグロ

とりあえず外に持っていきます

2017.5.1 エゴイスト

2年半ぶりのロッキーボルダー

さてエゴイストはサクッと終わるのか

 

 

8時台御岳着でロッキー直行のつもりが、Dooさん遅刻

とりあえずアップしつつネクロのオーハシさんを眺める

安定の足擦り(蹴り?)ムーブですっきり終われない模様

中間部デッドの左手保持と足を参考までに伝え、Dooさん合流でロッキーへ移動

(この後アドバイスが活きて登れたそうで流石

 

4年ほど前の台風以降、ずっと通行止めだった遊歩道を通りロッキーへ

斜面の崩れ防止のため、斜面が金網で覆われていた

 

雨予報と、連休中とはいえ平日なこともあってか先客1名

マットを広げていざエゴイスト

ムーブと足位置を思い出しつつ、スローパー叩きを試みる

 

4年半前に半ば飛びつきで偶然止まったものの、今ではほぼスタティックだった

スローパーからの遠い一手にビビって1度降りたものの、

2回目は落ちる気配もなくサクッと終わった

 

 

4年半前はこれが登りたくてすごく通ったのに、今では特に感慨もなかった

やりたい課題はやりたいと感じた時にやらないとダメ

もうラインが奇麗なだけの初段だった

 

 

その後はDooさんのエゴイストトライを観戦しつつ、遥

ホールド持てない持てないと思いながらも、幾度かやるうちに登れそうな気配

というところで指出血+雨で撤退

遥より遥エゴイストの方が登りやすそう

 

 

今はin tokyo!が気になりますので、やろうと思います

とりあえず先に遥だけど

2017.4.29 大いなる河の流れ

オーハシ家泊からの早朝小川山

大いなる河の流れ一本勝負

 

 

7時台には着で、8時頃にアップも兼ねてムーブばらし

1年以上前に一通り触っているものの、ムーブをほぼ忘れてた

なのでほぼゼロベースで組み立てなおし

 

中間部ガバへの寄せができなかった記憶はあったものの、

徐々にムーブを調整してその部分も解決

こりゃいけるなと感じたものの、日照りで酷くぬめるためいったん撤退

道理で誰も来ないわけだ。。。

 

ビクターへ移動してTwoMonksを触ったりしているうちに徐々に曇りだしたので、

頃合いをみてまた大いなるに戻る

(TwoMonksも結構楽しかったものの、今日はこれじゃないということで諦め

 

正解ムーブはやはり陰ってからということか、午前とは売って変わって人が集まりだした

スローパーのコンディションも良くなり、イケると思ったものの、ここで謎のハマり

トゥフックの位置が狂ってスローパーマッチが全くできなくなった

できているときはなぜできているのかしっかり確認しておかないと。。。

最終的には掛け位置がずれていて、それを修正したら元通りできるようになった

 

しばしレストして、借り物Boostも投入して繋げ

最後のガバ取りまでいったものの、まさかの激ヨレで抜けきれず

ハンパなく全身張って終わったと思ったものの、とりあえずもう一便に賭けることに

 

レスト中に雨が降りだし、皆引き上げていってしまった

濡れが酷ければ終戦だったものの、トライには支障のないレベルで助かった

同行メンバー以外は誰もいなくなった中、ここでしっかり登り切らねばの気持ちで再びトライ

 

ガバからの遠い一手で足を滑らせまくったものの、前トライより多少の余力があった

指の感覚がない中、もう落ちれないでしょうの一念でトップアウト

うれしくて駆け上がってガッツポーズまでしてた

これだからクライミングやめられんなぁ

 

足を少し擦っているけど、ほぼ影響ないものなので気にしない

プロだとそうはいかないけどね、そこまで潔癖にはしません

 

 

帰りは龍福の狭い席に押し込まれて飯食って終了

もし今度来るならTwoMonksかな

2017.3.18 ニゲラ

3/17、18に泊まりで恵那ってきました

メンバー6人で、現地でマット3枚レンタル+持ち込み3枚

レンタル良いですね

 

2日間の大半をニゲラに費やし、2日目の夕方までもつれる有様

もっと早く登れた気もするけど、敗色濃厚な状態から根性出して登りきれたのは良かった

150度近い強傾斜のコンプレッション課題で超苦手系でした

 

憧れのレッドブルはからっきし

完璧なナビに従いエキドナは登れた

楽しかったけどもう少し出力欲しい

 

しかし、出会う人がみんなアグロ持ってるのってすごいわ

2017.3.12 三峰とか御岳とか

最近不活性ですが生きています

2月までは寒かったので、岩は最近になって再開です

 

まずは三峰

 

涼しいマントルをサクッと登り

ひもは登れず

クロスから返すときの体勢と、右足の位置がキーっぽいので忘れずに

帰りに入った店がうまかった

 

今週先週は御岳

朝は寒いのでゆっくり出て、明るいうちに帰ります

 

デッド前の左手をしっかり極めるのを怠っていたのが問題だった模様

 

裏御岳にも

護岸岩の気持ちよく登れる課題をサクッと

 

随分時間かかりすぎたけども、30歳までに3段というのは果たせました

虫で負傷を繰り返して以降、あまり撃ち込むことをしていなかったからかな

欠けて簡単になってるらしく、ケチが付く課題なのがどうも引っかかりますが

2016.11.26 鳳来

瑞牆予定も、天候不順のため鳳来にスイッチ

3月末以来なので半年以上ぶり

 

いつものハスコラでアップ後、花夜叉

 

ここで痛恨のミス

必殺離陸法を写真に残したのだが、圏外でクラウドアクセス不可

結局初手取りできなかったのだが、案の定足位置が違った

肝心な左が全然違う。。。

とは言え、どうしても止まらなかった2手目〜ヒールでのサイドカチ取りまで繋がり、

リップ止めるところまでは練習したので、意外と前進はしてました

現地では随分腐ったが、よく考えてみるとあとは根性で繋げるだけという感じ

前向きに頑張るしかないな

 

AMで花夜叉に見切りをつけ、白道ルーフ

軍鶏に体力温存のため見学

タニさん初二段に散るも、二段でいいんじゃないかと思える課題だったが。。。

あと、口笛吹いたり突然吼えたりする人がいた

やば

 

最後に軍鶏触ったものの、予想以上に時間が押して、到着時点で真っ暗

急いでいったので身体ホカホカ手はぬめぬめ

ムーブ思い出して、繋げ1.5便で時間切れ。。。何しに来たのか

 

消化不良感あるけど、よくよく見たら指皮も全くなかったし

その割にはわずかながらも収穫はあったということで

また次回

mah02829-mp4_000501075

2016.11.20 群晶day2~ゔぉっく

3週連続の瑞牆

そろそろ熊避けの鈴がないと食われそうだ

 

いつものB岩は前日の雨で気持ちウェットだったので、ダイレクトでハレ岩へ

人気が全くなく、熊の襲撃に怯えていると、他にも餌が数名来た

 

適当にアップ後、今日は下部に注力

先週試したヒールムーブのためにソリューションを持ってきたものの、使い物にならず

諦めてノーマルな離陸を試すと意外とできた

キツめのソリューションだったからか、粒スタンスに負けなかった模様

 

その後、人が増えマット充になったので中間部も練習

恵那でご一緒した方が見事に完登したので、ムーブパクりつつやったらフレーク取りまでいけた

これはいけるんじゃないか感が出だしたものの、スタートホールドで指皮ベロン

テープ巻いたらからっきしになりました

マットも減ったので撤収

春にサクッと終わらせるために鍛えます

 

少し下って限られた時間も触った

前日の雨の影響か、スタートアンダーと初手がぬめる

離陸がしんどく、足位置をしっかり決めて、一気に引き上げる

乾いていたところで厳しいと思うけども、結構大きいムーブで楽しそう

ただ、もう少し出力が必要

これも春に

 

最後は毎度登れる気がしないゔぉっくを触って、最高高度を記録して終了

ポッケをちょっと引っ掛けただけだけど

 

帰りは恒例の渋滞

1名風邪ひきました